早稲田大学高等学院と明治大学付属中野高等学校の比較

早稲田大学高等学院と明治大学付属中野高等学校の比較

はじめに

共に大学付属の男子校である早稲田大学高等学院と、明治大学付属中野高等学校について、付属大学への推薦進学率や、偏差値や試験科目などの入試、学校生活の違いを比較していきたいと思います。


オンライン数学塾「数強塾」 数学が苦手な生徒のための数学専門塾


付属大学への推薦状況

早稲田大学高等学院

1学年の在籍数が約490名程度、2020年3月卒業生の早稲田大学への進学者が466名なので、学年のほぼ全員が早稲田大学へ進学していると言えるでしょう。他大学への進学先は不明ですが、国公立大学や医学部への進学、海外への留学や浪人と考えられます。

内部推薦者数 ※2020年3月卒業生

政治経済学部 法学部 教育学部 商学部 社会科学部 国際教養学部
110名 85名 12名 45名 30名 14名
文学部 文化構想学部 基幹理工学部 創造理工学部 先進理工学部 人間科学部
10名 29名 62名 49名 19名 1名

※スポーツ科学部進学者ゼロであった。

明治大学付属中野高等学校

明治大学付属中野高等学校では、およそ学年の80%にあたる生徒が推薦を得て、明治大学へ進学しています。卒業生405名中325名と人数が多くなってます。推薦を得た生徒のうち、3名が国立大学へ合格したため、明治大学への推薦を辞退していますので、明治大学への推薦を確保しつつ、国立大学への受験をチャレンジできる制度があるのかもしれません。

内部推薦者数

法学部 商学部 政治経済学部 経営学部 文学部
59名 58名 55名 38名 23名
情報コミュニケーション学部 国際日本学部 理工学部 農学部 総合数理学部
20名 10名 38名 17名 10名

入試の比較

早稲田大学高等学院の入試(偏差値、試験科目、倍率、学費)

偏差値

76

試験科目

【一般入学試験】※帰国生を含む

募集人数:260名(帰国生18名含む)

試験科目:英語・国語・数学・小論文

【自己推薦入学試験】

募集人数:100名

試験科目:出願書類審査・面接

倍率

2020年 2.61倍

2019年 2.66倍

2018年 2.28倍

年間授業時間

1,224時間

学費(年換算)

120万円/年

早稲田大学高等学院へのアクセス

(所在地) 〒177-0044 東京都練馬区上石神井3-31-1

西武新宿線「上石神井」駅 徒歩7分

(電話)Tel.03-5991-4151

HP:https://www.waseda.jp/school/shs/

明治大学付属中野高等学校の入試(偏差値、試験科目、倍率、学費)

偏差値

70

試験科目

【一般入試】

募集人数:135名

試験科目:国語・英語・数学

【スポーツ推薦入試】

募集人数:約30名

試験科目:出願書類・作文・面接

倍率

2020年 4.0倍

2019年 3.5倍

2018年 3.5倍

年間授業時間

1,188 時間

学費(年換算)

90 万円/年

明治大学付属中野高等学校へのアクセス

(所在地) 〒164-0003 東京都中野区東中野3丁目3−4

JR中央・総武線・都営地下鉄大江戸線「東中野駅」徒歩5分

東京メトロ東西線「落合駅」徒歩10分

(電話)03-3362-8704

HP:http://www.meinaka.jp/


学校生活(行事・クラブ活動)

早稲田大学高等学院の行事・クラブ活動

行事

校外活動・大学モデル講義/進路講演会・六大学野球早慶戦応援・オーストラリア海外研修・体育祭・学院祭・学芸発表会・TOEFL/TOEIC受験など

クラブ活動

【体育部門】

ボート部・ラグビー部・サッカー部・バレーボール部・バスケットボール部・硬式庭球部・硬式野球部・グランドホッケー部・水泳部・柔道部・剣道部・弓道部・ヨット部・フェンシング部など28部

【文化部門】

語学部英語班・語学部仏語班・理科部生物班・理科部地学班・グリークラブ・写真部・雄弁部・将棋部・囲碁部・コンピューター研究部・歴史探求同好会など24部

明治大学付属中野高等学校の行事・クラブ活動

行事

学年旅行・校外学習・体力テスト・六大学野球応援・移動教室・海外研修・文化祭・体育祭・修学旅行・スキースノーボード研修・職業体験など

クラブ活動

硬式庭球部・軟式庭球部・陸上部・バドミントン部・水泳部・射撃部・野球部・スケート部・山岳部・体操部・バスケットボール部・サッカー部・剣道部・柔道部・バレーボール部・相撲部・スキー部・ラグビー部・卓球部・ゴルフ部・アーチェリー部・新聞部・地理部・地学部・棋道部・写真映画部・英語部・生物部・美術部・音楽部・数学部など


まとめ

いかがでしたでしょうか。ともに入試偏差値が70を超える高校入試男子校の難関校ではありますが、学年のほとんどが付属大学へ進学できるメリットは大きいと思います。

早稲田大学高等学院は自由な校風で個人を尊重してくれる校風です。明治大学付属中野は、いかにも昭和の男子校という声もありますが、他校に比べると頭髪検査や服装の規定が厳しい程度のようです。

どちらの学校の校風が好きか、将来どちらの大学で勉強したいかで希望を考えるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です