明治大学付属中野中学校・高等学校の評判・情報

明治大学付属中野中学校・高等学校の評判

東京には様々な私立中学校が存在しています。偏差値や大学進学率はもちろん、どんな授業を行っているのかも、学校を選ぶための重要なポイントになります。各学校が独自の取り組みを行っている中、今回は文武両道を目指し、生徒一人一人を丁寧にサポートしてくれる学校を紹介します。

明治大学付属中野中学校とは

明治大学の付属校で、併設型中高一貫の私立男子中学校です。
質実剛毅」「協同自治」「修学錬身」を校訓とし、基礎学力はもちろん、行事等を通して強い身体と精神力を養い、バランス感覚を備えた人物の育成を実践、「生きる力」を育むことを目標としています。

学校の雰囲気・校風

JR東中野駅から徒歩5分、都営地下鉄大江戸線 東中野駅から徒歩5分、東京メトロ東西線 落合駅から徒歩10分と、最寄り駅からも近く非常に通いやすい立地です。学校の周りは閑静な住宅街と豊かな緑に囲まれており、校舎も2014年に完成した中学練・2017年に完成したばかりの共同練と様々な施設が豊富で、落ち着いて集中した学校生活がおくれるようになっています。
みんなで仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力しよう」を合言葉とし、また、「受験のための6年間は過ごして欲しくない」という思いから、勉学のみならず生徒一人一人の個性を伸ばして、文武両道を目指す校風です。それゆえ部活動はとても活発で、27の運動部・16の文化部が存在し(活動休止中の部活動もあります)、9割以上の生徒が部活動に所属しています。上級生・下級生の繋がり以外にもOBとの繋がりも強く、OBコーチを迎えての指導を受ける部活もあります。

教育の特色

明治大学の付属校としての連係を密に、中学・高校・大学を結ぶ10ヶ年一貫教育を目標としています。

中学校:6カ年教育を前提に基礎学力の充実に注力する

中学校の教育課程では、基礎学力の充実を重視し、自発的・積極的に学んでいける生徒の育成に力を注いでいます。中高一貫教育は6年間という長い目で、学年に応じた教育を行い、着実に実力がつくように配慮できることが最大のメリットです。また時間を有効に使えるため、勉強と部活動のメリハリある教育活動も可能です。

文武両道を実践できる授業重視と豊富な講習

教材に付随する問題や課題を、全員が必ず終えられるようにしています。宿題や課題の分からないところに関するフィードバック、こまめな小テストや個別の指名講習など、一人一人に合わせた丁寧なフォローを行っています。

体力と精神面を伸ばし学びに必要な力を養う

体育の授業では柔道・剣道に力を入れており、体力の向上だけでなく、礼儀作法の理解を深めることを目的として行われています。礼儀作法の理解は、職業観や倫理観の養成につながるだけでなく、リーダーに求められる資質を養うことにもなります。

5教科の学力をバランスよく伸ばす

授業では高校の先取り学習などは行わず、むしろ基礎をしっかり固めることを目指します。こまめに小テストを実施し、再テストや指名講習等のフォローに細心の注意を払っています。3年次では特に学習のレベルアップを大きな目標としています。成績が一定水準に達しない生徒に対しては補習を行うほか、学習意欲を高めるために、各種検定の受検も奨励しています。

高等学校:基礎学力に加え、進学志望に応じた専門知識を習得

それぞれの進路志望に合わせ、5教科を中心にじっくりと実力を養うことを目標としています。特別進学クラスは設けず、日々の授業を中心に学習を進めていきます。
明治大学への推薦入学については、3年間の総合成績によって決定されます。つまり、5教科に加え、芸術や体育など全教科でバランスの取れた成績が重視されるのです。最終的には、「知・徳・体」の調和がとれた成長へとつながっています。

詰め込み学習にしない、知識を広げ理解を深める授業

学習においては、シンプルでオーソドックスなカリキュラムに徹し、生徒各人の習熟度に応じたフォローを行っています。英語や数学においては反復練習を重視し、英語は将来を見据え、高レベルな英語力を身につけられるよう体制を整えています。

種類豊富な講習により、必要な学力を伸ばす

平常講習・夏期講習などの多彩な講習も行われており、基礎力をきちんと身につけていくことが実力に繋がっていきます。特に、朝7時15分から8時5分までの50分間で実施している「朝の講習」は、放課後に部活動があり午後の講習に参加できない生徒にとって、学習と部活動の両立に大きな成果をあげており、明治大学の推薦入学率の高さにも現れています。

高校から入学した生徒は、英語・数学・国語の学習に的を絞って学習してきた生徒も多いため、講習で理科・社会のフォローを行っています。

「演習」の実施により、授業中心主義を貫ける

中学時に先取り学習を行っていないため、中学から進学した生徒と、高校から入学した生徒と同じスタート地点から学習を始めることが出来ます。1年次は、中学3年間に引き続き、基礎的な学力を充実させる時期ととらえ、2年次は、文理選択を行い、生徒それぞれの将来に近い形で学び始めるようになります。3年次には、さらに選択科目・演習科目が増え、より志望する進路を見据えた学習体制をとります。英語・数学・国語の「演習」の時間には、センター試験レベルの内容の問題集を教材として授業を行っているため、明治大学以外の大学入試にも備えることができます。


基本情報

・偏差値  60
・学費
年額 約900,000円
入学金 280,000円
・年間授業時間
 1,188時間
・宗教  なし

大学合格実績(2019年度)

付属校ということもあり、明治大学へは例年80%前後が進学しています。国公立大学へは推薦枠を保持したまま受験することができ、他の私立大学への進学率は近年上昇傾向にあります。
・明治大学推薦入学 325名(80.2%)
・国公立大学 8名(東北・筑波・茨城・東京・一橋・東京学芸)
・早稲田大学16名
・慶應義塾大学11名
・東京医科大学1名
・埼玉医科大学1名
・東京理科大学11名
・青山学院大学4名
・中央大学3名
・立教大学1名
ほか

オンライン数学塾「数強塾」 数学が苦手な生徒のための数学専門塾


まとめ

明治大学への内部推薦率が高く、付属校としてゆとりある学校生活を送るには評判の学校です。また、生徒一人一人のサポートがとてもあつく、学校生活に不安を感じる生徒も安心して通える学校です。気になる方は、オンラインでの説明会や個別相談会が開かれていますので、是非参加してみてください。
◎明治大学付属中野中学校
住所: 〒164-0003
東京都中野区東中野3丁目3−4
TEL: (03)3362-8704

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です