東京都立大泉高等学校附属中学校の情報・評判

東京都立大泉高等学校附属中学校

東京都立大泉高等学校附属中学校の情報・評判

 
歴史ある高等学校の附属中学校として、約10年前に創立、中高一貫校としての新しい歴史を作っていき、在学中だけでなくその先の将来まで見据えた教育が特徴の学校を紹介致します。
 

『数学専門塾 オンライン予備校「数強塾」』


■東京都立大泉高等学校附属中学校

住所

〒178-0063

東京都練馬区東大泉5-3-1

TEL:03-3924-0318

■東京都立大泉高等学校附属中学校の校風

共学の中高一貫校

公立学校の男女共学校です。
昭和16年に創立し、70年以上の昭和16年に創立し、70年以上の伝統を持つ都立大泉高等学校の附属中学校として平成22年に創立した学校です。
中学校で新入生を迎え、高校入試は無く、中高一貫校として6年間の学校生活を生徒は送ります。

探求の大泉

「探求の大泉」がスローガンで、積極的な探求活動を目的としているのが特徴です。
自分の意思で学習し、将来を開拓していく力の育成を目指しています。
勉強だけでなく、部活動との両立や学校行事などで中学生、高校生が一緒に活動出来るような、中高一貫校の特徴を活かした活動も取り入れています。

校舎が綺麗

進学校の為、真面目に課題に取り組む生徒が多い中、
附属中が創立したのが平成22年と最近のため、校舎が綺麗でのびのびと学習しやすい環境が整っています。

 

■東京都立大泉高等学校附属中学校の大学合格実績(過去3年間)

○東京大学

  • 2020年 6名(現役4、既卒2)
  • 2019年 0名
  • 2018年 2名
 

○慶應義塾大学

  • 2020年 8名(現役7、既卒1)
  • 2019年 8名(現役4、既卒4)
  • 2018年 8名(現役6、既卒2)
 

○早稲田大学

  • 2020年 36名(現役35、既卒1)
  • 2019年 32名(現役25、既卒7)
  • 2018年 25名(現役19、既卒6)
 
どの学部に何名進学したかは不明でした。

早稲田大学への高い合格率

早稲田大学においては、毎年2桁台の合格者を輩出しています。

■東京都立大泉高等学校附属中学校の偏差値

東京都立大泉高等学校附属中学校の偏差値は、
  • 男子65
  • 女子64
と言われています。

■東京都立大泉高等学校附属中学校の学費

私立に比べ安価

公立学校のため、公立校の学費に準じます。
中学校は給食があるので、給食費と修学旅行等の積立金が別途かかります。

■東京都立大泉高等学校附属中学校の教育の特色

授業時間

授業時間は1時間50分、月曜日から金曜日まで基本6時間制に加え、
年に27回土曜授業が4時間(午前中のみ)と、週に1度1日7時間授業があります。
2022年からは高等学校からの入学制度を廃止し、中高一貫教育校として、6年間の学校生活を見越した1人1人にきめ細かい教育をしやすくなる体制を整える予定となっています。

英語と数学

英語と数学においては、少人数での指導を実施し中学校の間の基礎学力を固め、生徒の学力の発達段階を把握させる指導方針が特徴です。

進路指導

進路指導では、「10年後の自分」をイメージし、実現を図るために自己についての理解を深め、目標を設定して、イメージに近付くための教育を総合的な学習の時間に行います。

職場体験

中学校の間に企業訪問や職場体験、大学教授の訓話があり、将来について考え、実現に向けてどうすれば良いのか探求する機会が多いのが特徴です。
中学校としての歴史は創立11年と新しいですが、学校の目標としている「探求の大泉」の名前の通り、高校入試を廃止する試みがある等学校と共に成長していける環境の学校です。
 
 

 

 


〈記事作成者〉
藤原進之介(ふじわら塾長)
数学が苦手な中高一貫校の生徒を対象にした、「数学に強い」「数強塾」を運営。
累計生徒数は900名以上で、東大京大合格者も輩出。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です