神奈川県立相模原中等教育学校の情報・評判

神奈川県立相模原中等教育学校

神奈川県立相模原中等教育学校の情報・評判

 
神奈川県では一番初めにできた県立の中高一貫校で、私立に比べると学費が安いながらも質の高い教育と進学実績の高さが評判です。生徒は真面目に学業に取り組み、部活動にも積極的に取り組んでいて、質実剛健といった校風のおすすめの学校です。
 

『数学専門塾 オンライン予備校「数強塾」』


校風

真面目に課題に取り組み、学習意欲がある子が多く、学校全体に勉強に熱心な雰囲気があります。生徒によっては課題がやや多すぎて大変な場合もあるようですが、補習などもありサポートも行われています。いじめなどの問題もほとんどない良い雰囲気の学校です。部活動も盛んで90%以上の生徒が参加しています。

教育の特色

3つのメソッド

1クラス32名の少人数制クラス編成で一人ひとりに目が行き届くようになっています。知識の詰め込みではなく、「読書・暗唱・ドリル」「発表・質疑応答・レポート」「探求・ディベート」という3つのメソッドを柱として授業を展開しています。

国語

国語では現代詩や古文の暗唱、発表・グループワークや討論、レポートや批評文を書くことを行っています。生徒主体の活動を通して、思考・判断・表現力の育成を目指しています。

数学

数学では中高の学習内容を体系的に組み立て学習してきます。基礎期では代数分解と幾何分野にわけ、並行して学習していきます。生徒の発言を軸に授業を進め、反復練習を通して定着を図ります。筋道を立てて考える力と言葉・式・表などを使って自分の考えを表現する力を高めます。

理科

理科では身の回りの様々な事象について疑問を持つ姿勢を大切にし、テーマにそった探求活動を通じて、科学・論理的思考力や探求する姿勢を育て、課題可決能力の向上を目指します。

英語

英語では音声活動を中心に進められ、ペアでの会話文の暗唱、発表などを行い、英語で相手に伝える力を養います。

体験活動と探究活動

また6年間を通じて様々な体験活動と探究活動の機会が設けられていて、他者との協調性を養うこと、自分の進路実現についての意識を高めていくこと、リーダーをしての自覚を養い自主自立の精神を高めることを目指しています。一年生では社会人による出張授業・職業研究があり、2年生では宿泊研修による農業を中心とした一次産業の体験、3年生では英語力鍛錬のためイングリッシュキャンプ、4年生では希望者は海外交流研修の機会もあります。
 

大学を見据えて

卒業生による合格体験談や、教育実習生による体験談を聞く機会があったり、大学訪問を行い、キャンパスの見学や大学生へのインタビューを行ったりすることを行っています。このように生徒一人ひとりの進路の発見を実現のために様々な支援体制が整っています。

 

神奈川県立相模原中等教育学校の基本情報

偏差値

64

年間授業時間

1260時間

学費

220500円(学年費、諸会費、学用品)

大学合格者数

  • 東大合格者数 5名
  • 慶応義塾大学合格者数 19名
  • 早稲田大学合格者数 38名

宗教

なし

 


『数学専門塾 オンライン予備校「数強塾」』


まとめ

相模原中等教育学校は自主性を重んじる校風であり、学業や部活動にも積極的に取り組む文武両道の学校です。近年の偏差値は上昇傾向でここ数年の国公立大学、有名私立大学の合格者数も伸びています。
卒業生のインタビューや口コミを見ても、課題や宿題の多さがあり大変な場合もあるようですが、勉強やその他の活動で充実した6年間を過ごすことができる、おすすめの学校です。興味のある方は一度ホームページを見たり、説明会したりされてみてはいかがでしょうか。
 
中高一貫の6年間を生かした教育課程。 生徒一人ひとりの個性を生かし、6年間かけてじっくりと指導する。これが中高一貫教育の魅力です。
 
 

神奈川県立相模原中等教育学校ホームページ
 

 


〈記事作成者〉
藤原進之介(ふじわら塾長)
数学が苦手な中高一貫校の生徒を対象にした、「数学に強い」「数強塾」を運営。
累計生徒数は900名以上で、東大京大合格者も輩出。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です