東京都市大学等々力中学校・高等学校の情報・評判

東京都市大学等々力

東京都市大学等々力の情報・評判

 
東京には様々な私立中学校が存在しています。偏差値や大学進学率はもちろん、どんな授業を行っているのかも、学校を選ぶための重要なポイントになります。各学校が独自の取り組みを行っている中、今回は最新設備を多く取り入れた今の時代にぴったりなオススメの学校を紹介します。

東京都市大学等々力中学校・高等学校とは

 

「“noblesse oblige(ノブレス・オブリージュ)”

高潔な若人が果たすべき責任と義務とグローバルリーダーの育成」を教育理念として掲げる、併設型中高一貫の私立中学校・高等学校学校です。独自の学習サポートシステムや最新設備を取り入れた特色ある授業や行事を行っています。

学校の校風

東急大井町線 等々力駅から徒歩10分の場所にある東京都市大学等々力中学校です。最新設備を積極的に取り入れていくことで評判のある学校で、電子機器やアプリなどを使った授業が多く展開されています。比較的穏やかな生徒が多いと言われていますが、教員がとても熱心で学習面、生活面共に一人一人丁寧にサポートしてくれるようなので、どんな性格の子でも安心して通えそうです。部活動も盛んに行われており、学習を両立することを推奨し、約9割の生徒が部活に参加しているようです。

教育の特色

この学校には4つの教育的特色があります。

1.ICT教育

中学一年生時から1人1台iPadを使っての最先端教育を推進しており、全てのホームルーム教室に電子黒板を設置しています。このiPadと電子黒板を活用して授業やホームルームを行い、教員と生徒の考えや答えを共有したり、電子黒板にiPadの画面を映して発表するなど、思考の幅を広げてより主体的な学習ができるようになっています。
 

2.アクティブラーニング(AL)授業

日本の国民性に合ったチームで頑張ろうとするメンタリティを育むことを目標に、独自のアクティブラーニング授業を実施。「正しく読み取る能力」や「人を行動に駆り立てる説明能力」を育成する「システムLIP」や、グループをつくって理解を深め、問題解決能力を育む「知識構成型ジグソー法」の実施をしています。
 

3.実践重視の理科教育(SST)

「予習→実験→まとめ」の学習サイクルの中で中学1年~2年生の間に、年間で約100回近くのテーマを扱った実験や実習を行っています。教わる授業から、体験を通して主体的に学ぶことをねらいとし、中学3年生以降もプログラムは実施されています。
 

4.英語・国際GLクラス

国際社会に貢献できる人材の育成をねらいとし、高度な英語運用能力を獲得する授業の実施。能力や目標に合ったクラス編成。海外研修をはじめとする、国際関係行事の実施しています。
 
これらの特色の他に、中学1年生の入学した頃からTQノートというこの学校独自のノートを使い、自分の学習時間などを書き込んで管理しています。自身で学習計画を立てることで、実力の定着と自学自習の習慣を身につけることを目的としています。また、このノートを通して、担任や副担任が生徒一人一人の状態を共有しサポートをします。

学校情報

偏差値:60

 

学費(初年度)年額 1,101,300円 (入学金を除く)

内 授業料(年間):468,000円

入学金 230,000円

年間授業時間:1,224時間

東京都市大学等々力中学校は「45分×1,360コマ」で、そのうち主要5科目は年間授業時間は約876時間です。
 

宗教:なし


大学合格実績

東京都市大学等々力中学校・高等学校の令和元年度の大学入試では、現役進学率90%以上でした。(令和元年度)
昨年の現役東大合格に続き、今年は京都大学や一橋大学に初めて現役合格者が出ました。
国公立大学への合格率は22.7%と昨年とほぼ変わりませんが、私立医学部や海外大学の合格者数は増えてきています。
令和元年度の東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学の合格者数は下記のようになっています。
 

京都大学:1名 / 北海道大学:1名 / 東京工業大学:1名

一橋大学:1名 / お茶の水女子大学:1名 / 千葉大学:1名

横浜国立大学:5名 / 早稲田大学:13名 / 慶應義塾大学:12名

上智大学:9名 / 東京理科大学:39名 / GMARCH:157名

医学部:5名(杏林・昭和・聖マリアンナ・帝京)

他多数

 


『数学専門塾 オンライン予備校「数強塾」』


まとめ

大学合格実績の部分でも触れましたが、近年国立大学や難関私立大学の合格率がメキメキ上昇しており、今後にとても期待のもてる学校です。最近のコロナ禍においても、最新設備を駆使してしっかりとした授業を行えている点もオススメのポイントです。今年はWeb配信での学校説明会がメインでしたが、最近は人制限を行って校内での説明会等も行っているようなので、興味のある方はぜひ問い合わせをしてみてください。

アクセス

住所: 〒158-0082

東京都世田谷区等々力8丁目10−1

TEL: 0359620104

Mail(受験に関するお問い合わせ): nyushiinfo@tcu-todoroki.ed.jp
 
 
 

 

 


〈記事作成者〉
藤原進之介(ふじわら塾長)
数学が苦手な中高一貫校の生徒を対象にした、「数学に強い」「数強塾」を運営。
累計生徒数は900名以上で、東大京大合格者も輩出。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です