青山学院の情報・評判

青山学院中等部

青山学院の情報・評判

オンライン数学塾数強塾】の藤原進之介ふじわら塾長)です。 今回の記事では、
  • 青山学院中等部の特徴
  • 青山学院中等部の教育理念・指導方針
  • 青山学院中等部の評判
  • 青山学院中等部のおすすめポイント
を整理していきます。
進学校に入学した後で、授業のペースが早すぎて授業について行けなくなってしまったという話はよく聞きます。ついて行けなくなった時には、どこでつまづいたのか分からない…という事も多いと思います。
今回は、学習の詰め込みではなく基礎学力を重視した教育方針の学校についてご紹介致します。

青山学院の校風

幼稚園から大学院までの一貫学校です。
共通してプロテスタント系キリスト教信仰に基づく方針のもとで教育が行われています。
幼稚園からの入園生は、ほぼ全員エスカレーター式で進学しています。
中等部においても、毎年95%以上の生徒が高等部に進学しています。
中等部の教育目標は、下記4つです。
 
  • 人を大切にする心
  • 自主性
  • 知性・感性・体力
  • 思いやり
 
学力を身につけると同時に、他人への思いやりや一人一人の個性を尊重する教育を目標としています。

青山学院中等部の偏差値

青山学院中等部の偏差値は、
  • 男子 69
  • 女子 72
と言われています。もちろん母集団によりますが、女子の方が難しい傾向にあり、男女共に難関校と言えます。

青山学院中等部の学費

  • 1年生で¥1,397,000
  • 2年生で¥1,011,000
  • 3年生で¥990,000
1年生の入学金、3年生の卒業積立金や修学旅行積立等を含めた年間の学費となります。(2020年現在)

別途入学時に制服代が男子¥45,000、女子¥35,000

体操服代男女ともに¥40,000必要です。

青山学院高等部の大学合格実績(過去3年)

東京大学

  • 2018年 2名
  • 2019年 1名
  • 2020年 0名
 

慶應義塾大学

  • 2018年 20名
  • 2019年 17名
  • 2020年 7名
 

早稲田大学

  • 2018年 14名
  • 2019年 10名
  • 2020年 6名
 
進学先の学部までは不明でした。
在学中の成績や3年生で行われる学力テストの結果から、エスカレーター式でそのまま青山学院大学に進学する生徒が85%、他大学に進学する生徒は15%と、内部進学者が大半を占めるのが特徴です。

青山学院中等部の教育

1.人格教育の重視

毎日2時間目と3時間目の間の15分、全校生徒がホームルームで礼拝を守ります。
聖書の授業が週に1時間あり、キリスト教信仰に基づく人格教育が特徴です。
キリストの教えを学ぶだけでなく、そこから人としての生き方を学ぶ教育が行われています。
 

2.基礎学力を固める教育

1クラス32名、8クラス制を導入しています。週5日、31時間授業でゆとりをもって基礎学力をしっかり身に付ける教育が特徴です。
例えば中学3年でのコマ数は、
国語4、社会3、数学4、理科4、英語6、音楽1、美術1、保健体育3、技術家庭1、聖書1、特活3 となっています。
 

3.中学3年での選択授業

3年生では、週2時間の選択授業があります。
25講座の中から選択し、知識の詰め込みだけでなく自分がどんなことに興味があるのかを学んでいく機会になります。韓国語や中国語など、他の学校では学べない授業が選択出来るのが特徴です。
 

 


 

青山学院の所在地

〒150-8366

東京都渋谷区渋谷4-4-25

TEL:03-3407-7463

青山学院のまとめ

以上、青山学院中等部・高等部について説明しました。
大学までエスカレーターで進学する方がほとんどで、授業も入試を見越した学習教育というよりは、ゆとりをもった内容重視が特徴です。
 

 


〈記事作成者〉
藤原進之介(ふじわら塾長)
数学が苦手な中高一貫校の生徒を対象にした、「数学に強い」「数強塾」を運営。
累計生徒数は900名以上で、東大京大合格者も輩出。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です