同志社女子高等学校の評判・学校情報

同志社女子高等学校の評判・学校情報

「京都府 おすすめ 同志社女子高等学校」

京都には魅力的な高校がたくさんあります。志望校選びに迷っている生徒さん、親御さんも多いのではないでしょうか。

今回は数ある高校の中から同志社女子高等学校という女子高を紹介します。

志望校選びの参考にしてみてください。


オンライン数学塾「数強塾」 数学が苦手な生徒のための数学専門塾


  • 基本情報(アクセス、ウェブサイト)
  • 同志社女子高等学校とは
  • 教育の特色
  • 入試について
  • 進学実績
  • 費用

基本情報

所在地:京都市上京区今出川通寺町西入

アクセス:地下鉄「今出川駅」から 徒歩5分

京阪「出町柳駅」から 徒歩8分

京都市バス「同志社前」下車 徒歩1分

京都市バス「河原町今出川」下車 徒歩5分

電話番号:075-251-4305

ウェブサイト:http://www.girls.doshisha.ac.jp/


同志社女子高等学校とは

同志社女子高等学校は、京都市上京区にある私立の併設型中高一貫女子校です。内部推薦で同志社大学や同志社女子大学に進学できると評判の高校です。

キリスト教(プロテスタント)主義教育を行っており、チャペルで行われる毎朝の礼拝に加えて、行事ごとの特別礼拝、週1時間の聖書の授業を設けています。

自由闊達な女子教育を行っており、一人ひとりの人格を重んじ、型にはめずにのびのびと育てる教育方針です。制服の指定はなく、自由な環境の中で自ら考える力を身につけ、自身を律する強さとしなやかさを備えた女性を育みます。


教育の特色

知識を教授する「知育」だけではなく、「徳育」を重視した「リベラル・アーツコース」(LA)と医・薬・理工学の分野に特化した「ワイルド・ローヴァーコース」(WR)の2コース制を実施しています。受験勉強に終始しない、幅広く多彩な学びを実現します。

リベラル・アーツコース

同志社大学・同志社女子大学への推薦進学を基本としたコースです。大学での学びを視野にいれ、高大接続の取り組みや多彩な実習など、受験勉強に終始しないカリキュラムを採用しています。

ワイルド・ローヴァーコース

同志社大学だけではなく、理系難関大学合格を目指すコースです。早い段階から将来を見据え、英数理系科目を重点的に学ぶことで確かな学力が身につけます。


入試について

同志社女子高等学校のほとんどの生徒(200名以上)は中学からの内部進学です。

高校入試はリベラルアーツコースの推薦入試のみ 25名程度と少ないです。

入試偏差値は64とされています。

受験資格

  • 学校長の推薦のある者
  • 同志社女子高等学校を第一志望とする者
  • 学業成績が優秀な者
  • 中学時代にクラブ活動、生徒会活動等において優れた成果を収めた者
  • 出願前に「受験資格」の確認申請を行い「受験資格」を付与された者

進学実績

ほとんどの生徒が同志社大学、同志社女子大学へ内部進学します。

★2019年度卒業生 大学入試合格実績★※既卒生は含まない

同志社大(推薦):208名 同志社女子大(推薦):24名

大阪大:1名 滋賀医科大学:1名 早稲田大:1名 慶應義塾大:1名

関西医科大学:1名 川崎医科大学:1名 京都薬科大学:4名

大阪薬科大学:2名 立命館大学:1名  関西大学:2名


費用

入学金:130,000円 

授業料(年額):670,000円  

教育充実費:130,000円  

その他:31,500円

初年度にかかる費用は961,500円です。

また上記以外に予納金・修学旅行積立金・教科書代(聖書、讃美歌等を含む)・指定体操服・運動靴代で約146,400円かかります。

(2020年度参考)


オンライン数学塾「数強塾」 数学が苦手な生徒のための数学専門塾


まとめ

同志社女子高等学校は内部推薦で同志社大、同志社女子大に進学することができる自由な校風の高校です。同志社系大学への進学を考えている生徒さんには大変おすすめの高校です。興味のある方はぜひオープンキャンパス等に足を運んでみてください。

入試は推薦入試のみなので通知表の成績、つまり日々の学習の積み重ねが非常です。近隣には「進学教室 近藤塾【小・中学生コース】」や「ITTO個別指導学院」などといった学習塾も充実していますので、学習の一助としてみてください。

参考URL: http://www.girls.doshisha.ac.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です