武蔵中学校と海城中学校の比較

武蔵中学校と海城中学校の比較

今回は偏差値も近く、東京都の男子御三家の一つ武蔵中学校と男子新御三家と言われる海城中学校について書いていきます。

  • 立地、アクセス
  • 入試科目
  • 偏差値(四谷大塚)
  • 教育方針と校則の厳しさ
  • カリキュラム
  • 進学実績(現役既卒を含む)
  • 合格者数の数字の比較(現役既卒を含む)
  • まとめ

オンライン数学塾「数強塾」 数学が苦手な生徒のための数学専門塾


立地、アクセス

【武蔵中学校】

HP:https://www.musashi.ed.jp/

東京都練馬区豊玉上1-26-1

江古田駅(西武池袋線)徒歩6分、桜台駅(西武池袋線)徒歩8分、新江古田駅(都営大江戸線)徒歩7分、新桜台駅(西武有楽町線)徒歩5分

【海城中学校】

HP:https://www.kaijo.ed.jp/

東京都新宿区大久保3-6-1

新大久保駅(JR山手線)徒歩5分、大久保駅(JR中央·総武線)徒歩10分、西早稲田駅(地下鉄副都心線)徒歩8分、高田馬場駅(JR山手線、地下鉄東西線)徒歩10分、東新宿駅(地下鉄副都心線、都営大江戸線)徒歩12分

入試科目

【武蔵中学校】

算数(100点)国語(100点)理科(60点)社会(60点)合計320点

【海城中学校】

算数(120点)国語(120点)理科(80点)社会(80点)合計400点

偏差値(四谷大塚)

【武蔵中学校】

2/1 偏差値64

【海城中学校】

2/1 偏差値64、2/3偏差値66

教育方針と校則の厳しさ

【武蔵中学校】

・教育方針

「東西文化融合のわが民族理想を遂行し得べき人物」「世界に雄飛するにたえる人物」「自ら調べ自ら考える力ある人物」の「三理想」を基盤とし、新たな時代を見据え、進路希望の実現やグローバル化のさらなる進展、未来の教育とICT教育の融合など、進化し続けていきたいと考えています。

・校則の厳しさ

春の記念祭、秋の運動会、冬の競歩大会の三大行事は生徒が企画、計画、実行し、実践力や責任感、連帯感を強くするよう進められています。

クラブ活動の参加や代表委員会の参加は自由です。服装について規則はなく自由です。

【海城中学校】

・教育方針

対話的なコミニュケーション能力とコラボレーション能力を兼ね備えた「新しい人間力」と課題設定・解決能力の「新しい学力」をバランスよく兼ね備えた人材になって欲しいと考えています。

・校則の厳しさ

様々な行事は生徒同士の友情、生徒と教師の信頼関係を深めています。文化祭は生徒の自主制に運営を委ねています。部活動は多数あり、いずれかのクラブに所属します。制服があります。

カリキュラム

【武蔵中学校】

週34時間、学校6日制

「学問」(教科教育)を「学びの芯」とし、「キャリア教育」「グローバル市民教育」

「リーダシップ教育」をしています。少人数制、本物に触れ本物を体験する、自ら調べ自ら考える、創造する力を養うを目標を掲げ、基礎から応用·発展へ力を伸ばすカリキュラムを行っています。

英語に加えて第二外国語を学び、第二外国語を上級まで学んだ選抜者は現地の高校に留学が出来ます。

【海城中学校】

週35時間、学校6日制

「系統学習」を通して体系だった知識や教養をしっかり習得させると同時に、探究型の「総合学習」を通して時代が求める課題解決型の新しい学力を身につけていきます。

数学科では優れた研究成果をあげた生徒に賞を授与しています。

中学二年生を対象に国内での語学研修「イングリッシュキャンプ」が実施されています。

進学実績(現役既卒を含む)

【武蔵中学校】2022年度

東京大19京都大6東京工業大2一橋大4北海道大4東北大6名古屋大1大阪大1千葉大2筑波大5東京農工大2横浜国立大3埼玉大3電気通信大1信州大2早稲田大16慶應義塾大18東京理科大5上智大3明治大5青山学院大2法政大3中央大1日本大1東洋大1岩手医科大1獨協医科大1杏林大1日本大(医)1東京医科大1聖マリアンナ医大1他多数

【海城中学校】

進学実績非公表

合格者数の数字の比較(現役既卒を含む)

【武蔵中学校】

合格者実績非公表

【海城中学校】2022年度

東京大学57東京工業大10一橋大11京都大8北海道大9東北大9大阪大2千葉大15 筑波大5東京農工大8横浜国立大9慶應義塾大167早稲田大149上智大43東京理科大127明治大94立教大12

法政大24青山学院大10中央大34日本大11東洋大3駒沢大3専修大1芝浦工大27聖マリアンナ医科大3東京慈恵会医科大8日本医大8順天堂大学(医)9 他多数

まとめ

御三家の武蔵中学校は募集人員が160名と少ない少人数制の学校でだからこそ出来るきめ細かい授業内容になっています。

海城中学校は募集人員が290名で試験日が2回あり、両日受験出来るチャンスがあります。また基礎力を学んだ上で更に探究型の学習を行っています。校則は制服がなく、部活動や生徒会活動の参加は任意の武蔵中学校の方が、海城中学校より自由です。

進学実績は両校とも進学校で有名大学に数多く合格、進学しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です